宝塚ニュース

松岡修造娘vs君島十和子娘 宝塚次世代トップスター争い

今年もまた、新たなタカラジェンヌたちが宝塚音楽学校を巣立っていった。3月1日、第104期生が涙のなかで卒業式を迎えた。それに先立つ2月16~18日の卒業公演では、卒業生が2年間の鍛錬の成果を見せ、その後ろでは昨年入学した1期下の後輩たちが初舞台を踏んだ。

今年、そのなかにグレーの制服姿でコーラスを披露する松岡恵さん(18才)がいた。彼女は松岡修造(50才)の長女だ。

「本来の主役は104期の卒業生たちなんですけどね。本人にその気がなくても、有名人の娘が入学すると“目立ちすぎ”“親の七光りだ”って、どうしてもやっかみ半分で見られてしまうんです」

松岡恵さんからさかのぼること、3年前。彼女と同じように一身に注目を集めて、初舞台に上がったジェンヌの卵がいた。現在、月組の男役として活躍している蘭世惠翔(20才)だ。

蘭世惠翔

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-宝塚ニュース
-, , ,

\\\下記ボタンで応援ヨロシクお願いします!///

  ブログランキング・にほんブログ村へ 




チケット data-recalc-dims=



宝塚歌劇団に関するSNS情報のまとめ